国際警備保障
V AEDのご案内
V AED使用方法と仕様
V AEDリースについて
V AEDお買取について
V

AEDオプション商品

V

アフターケアについて

日本光電製<AED3100>はこちら
日本光電製<AED2150>はこちら
オムロン製<レスキューハート HDF-3500>はこちら
旭化成製<AEDPlus>はこちら
誰でも簡単に使用できるAEDで、突然の心臓発作に万全の備えを。
AEDのご案内

 
 日本光電のAEDは、唯一の国産AEDです ※2018.1 現在
 

日本国内での心臓突然死は年間約7万人と言われています。
心臓突然死は、いつでも誰にでも起こる可能性があるものです。
発作を起こした後、できるだけ早くAEDを使用することで、多くの命を救うことにつながります。
AEDは、患者さんに電極シールを付けると、自動的に心電図の解析を行います。 電気ショックが必要な場合にのみ、自動的に充電を行い、ボタンを押すだけで除細動が可能です。
国際警備保障のAEDは簡単・確実。素早い操作が可能です。
既に米国では人の集まる公共の施設、空港、駅や各企業に常設されています。 日本でも公共の施設、空港、スポーツクラブ等に設置が始まっています。

電気ショックで除細動!!
突然倒れて死に至る、その原因の多くは「心室細動」という心臓の不整脈です。
心室細動は、心臓が痙攣してポンプとしての役割を果たせなくなることから、酸素を含んだ血液を体内に送りだせない状況を生みだします。そして、それは脳へダメージを与え、時間の経過と共に影響を大きくし、社会復帰を難しくします。この心室細動を治療する唯一の方法が「除細動器」という装置で心臓へ電気ショックをかけることです。脳への迅速な酸素供給を再開させるため、一刻も早いAED(自動体外式除細動器)の使用が必要となります。
他人事ではない心臓突然死!!
心臓突然死は、マラソンやサッカーなどスポーツ中に多く起きると考えていませんか?心臓突然死は、家庭内、仕事場、デパート、遊園地、駅や空港など場所を選ばず発生しています。欧米では、消火器同様、人の集まるところへの設置が義務づけられています。心臓突然死から大切な命を救い、社会復帰を目指すため、AEDを一刻も早く使えるようにあらゆる場所に設置したい。
国際警備保障は、安らぎ社会を創造する安全産業会社として、AEDの普及を積極的にお手伝いしています。
あっ!?人が倒れている!!
心臓突然死は、いつでも誰にでも起こります。 そのほぼ半数は、健康な人として生活し、心臓の異常は指摘されていないと言われています。 この突如襲う心臓突然死から身を守る唯一の方法、それが電気ショック:すなわちAEDの使用です。
助かるチャンスは、1分経過するごとに約10%ずつ失われます。
発作を起こした最初の数分間にAEDを使用すること、それが命を救うには必要なのです。
TOP このページのトップへ
AED使用方法 及び 仕様
確実に使えるためのセルフチェック機能!
毎日、電極のセルフテストでパッドの使用期限を確認しています。
救急の手順を自動判断!
電気ショックなど一連の操作を音声で案内します。
迷うことのない操作性!
電気ショックに使う電極は左右区別なしで、迷う心配がありません。

Ø電極パッドは接続したまま保管
  使用時に電極パッドをわざわざ接続する必要がないので、緊急における電極
    パッドの接続ミスや時間のロスを防ぎます。
    また、電極には左右の区別がないため、迷わず迅速・簡単・確実に使用でき
    ます。

Øトータルセルフテスト
   毎日、電極を含めたセルフテストを自動に行い、手元のインジケータに
  表示。
  装置に触れることなく、見るだけで装置の使用の可否を確認することが
  できます。(NGの場合はアラーム音でお知らせ)

        
 

パッドの使い方は?
 1.パッケージを点線に沿って破り、電極を取り出します。
  2.AED本体のフタを開け、成人用/小児用の使い捨てパッド共に、本体の切り替え
   スイッチを【小児】に切り替えます。
  3.片側のパッドをシートからはがし、前胸部に貼ります。
 4.残りのパッドをシートからはがし、背中に貼ります。
 ※ パッドは図の通り、前胸部と背部に貼るのが標準的ですが、心尖部と前胸部に貼る
  場合には、2枚のパッドが触れ合わないように貼ります。

TOP このページのトップへ
AEDリースについて


国際警備保障がご提供いたします“AEDリース”には2つの“お得”があります。

リース料金には動産総合保険料が含まれますので、誤って落としてしまった場合の破損や盗難などの事故発生時も安心です。 
消耗品の期日管理やメーカーによる保守・メンテナンスのバックアップ体制など充実したアフターケアにより運用中も安心してご使用頂けます。
 
 ※ 弊社提携先のリース会社と契約を結んでいただきます。
    リースには審査が必要です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TOP このページのトップへ
AEDお買い取りについて


※AEDリース契約及びお買い上げの場合ともに、キャリングケースをサービスにてお付け致します。
※AEDリース契約及びお買い上げの場合ともに、別途お申し込みが必要となります。 詳細につきましては、電話もしくはEメールにてお問い合わせ下さい。

TOP このページのトップへ
AEDオプション商品
商品
画像
商品名 1 電極パッド
(成人・小児共通)
2 バッテリー(4年タイプ) 3 自立スタンド型収納ケース
備  考 約2年毎に交換 4年毎に交換
商品
画像
商品名 4 ミニスタンド型収納ケース 5 キャリングケース 6 案内版
備  考        搬送用及び消耗品の収納 A4サイズ(自立型)
商品
画像
商品名 7 壁掛け収納ケース 8 レスキューキット
備  考 オレンジとホワイトの2種類あり ハサミ・蘇生用マウスピース

(弊社が販売しているAEDに使用できます)
商品
画像
商品名 @壁掛け収納ケース
(ホワイト)
A壁掛け収納ケース
(オレンジ)
Bスタンド型収納ケース
備  考 扉を開くとアラームが鳴ります。(電池式)
商品
画像
商品名 C壁掛け収納ケース Dスタンド型収納ケース Eスタンド型収納ケース
備  考 扉を開くとアラームが鳴ります。(ゼンマイ式)
商品
画像
商品名 F簡易スタンド型収納ケース
備  考

TOP このページのトップへ
アフターケアについて
国際警備保障がご提供いたします“AEDリース”はアフターケアに関しても万全の体制でお客様をバックアップ致します。
バックアップ1 消耗品のアフターフォローもバッチリ!
電極パッド等の消耗品の交換期日管理を弊社にて行うことにより、お客様には安心してAEDの運用やご使用を行って頂けます。
バックアップ2 日本光電工業(株)による全国規模の保守・メンテナンス体制

ネットワークでサポート
お客様に日本光電の製品をご購入いただいた後も、満足して使い続けていただくために、迅速な対応、きめ細かなサービスは欠くことのできないものです。日本光電は、ユーザーサポート体制の充実にも力を入れています。
 
全国100ヶ所を超える販売拠点
全国に11の支社・支店、123ヶ所の営業所を展開。お客様のニーズに対応し、地域に密着した営業活動を行っています。
 
全国にサービス拠点を展開
全国に11ヶ所のエリアサービス(AS)、69ヶ所のサービス拠点を展開し、きめ細かなサービスを提供しています。
 
コールセンターで24時間365日対応
 24時間365日お客様のシステムや製品に障害が発生したとき、直接お客様からお問い合わせを受けるコールセンターを設置しています。販売からアフターサービスまで、一貫したサポート体制を敷いています。
 
充実したメニューのお客様向けME講習会
全機器の使い方や機能を正しく理解していただくために、看護師、検査技師、救急隊員、代理店の皆様に、年間460回以上の講習会を、本社や全国各地の医療機関において開催。初心者の方からスペシャリストを目指す方まで、年間1万6,000名以上の方に講習を行っています。
お電話でのお問い合わせ・資料ご請求先
大阪:06−6357−4408
東京:03−3256−5931
受付時間:午前9時〜午後5時
(土・日・祝祭日・年末年始を除く毎日)
Eメールでのお問い合わせ・資料ご請求先

お問い合わせはこちら

受付時間:午前9時〜午後5時
(土・日・祝祭日・年末年始を除く毎日)
高度管理医療機器等 販売・賃貸業
大阪府知事許可番号 N03664号
東京都知事許可番号 4501010500086号
< 戻 る
> ホーム
TOP このページのトップへ

Copyright 国際警備保障株式会社 2006. All rights reserved.